業者に依頼をして管理

女性

転勤時に売却せず活用

会社の人事の事情で転勤をすることがあります。それぞれの会社で転勤の仕組みは異なり、日本全国をいろいろ周る転勤もあれば、一時期だけ別の地に行く転勤もあります。その場合は、将来的には元の場所に戻ってくることもあります。いろいろ周る立場の人は住宅は買えないかもしれません。でも、そうでなければ住宅を買う場合があります。せっかく住宅を買って住み始めたのに転勤にになればそれ以降住むことが出来ません。この時に利用できるのがリロケーションです。不動産会社に依頼をして、転勤期間中に他人に貸し出しをしてもらいます。リロケーションでは、借主の募集、審査、家賃回収等一定の管理まで行ってもらう場合があります。原状回復の負担は貸主が行います。

定期借家契約で行う

賃貸物件を利用するとき、地域によって契約の仕方が異なります。特に期間を定めない場合もあれば、更新を定めて、更新すれば利用できるようにする場合もあります。それ以外にあるのが定期借家契約による契約です。リロケーションサービスで人に貸すとき、将来的には自分たちが戻ってきて住むことになります。借りてくれたはいいが、ずっと住みたいといわれる困ります。リロケーションを行うときには、定期借家契約を結んで置き、その期間のみ利用するのを前提で借りてもらいます。そのため、同レベルの物件に比べると賃料は低めに抑えます。期間の決め方は自由です。転勤期間が決まっていればその期間にすればいいですし、わからないなら1年毎に更新する形でもいいでしょう。